カテゴリーアーカイブ: 保険

公的年金保険だけでは足りないという人は、個人年金というものを利用することになります。個人年金には定額年金と変額年金というものがあり、いずれを利用するのかによってその効果が違ってきます。それぞれにメリットがあるので、どちらを利用するのかを考える参考として紹介していきます。 定額年金保険というのは、最終的に受け取ることが出来る年金の額が概ね決まっているというものです。特に最低でも受け取ることが出来る金額が設定されており、それを下回ることはありません。(ただし、保険会社が倒産してしまった場合についてはその限りではありません) 対して変額年金保険というのは受け取れる金額が変動するタイプの年金ということになります。リスクのある運用を行うために、場合によっては元金割れを起こしてしまう可能性もあります。しかし、運用が成功した際にはより大きな年金を形成することが出来るというメリットがあります。 さらに、変額年金保険のもう一つのメリットとして、物価変動に対応することが出来るということがあります。インフレが起こった場合には定額年金保険は相対的に受給額が低くなってしまいますが、変額年金保険は運用で対応することが出来るためです。 変額年金の詳しい仕組についてはこちらへ「年金メディア」が提供している人気コンテンツです。

保険に加入しようとした時に掛け捨て保険と貯蓄保険、どちらを選ぶべきか、というのは大変迷うポイントだと思います。掛け捨て保険のメリットは月々の保険料が少なくても手厚い保障が受けられるということと、必要な期間だけ保障を付けたいというニーズにも合わせられるということです。たとえばお子さんが教育を受けている間は保障はつけておきたい、という場合には非常に便利です。 一方、貯蓄保険は貯蓄もかねているので、毎月の保険料は掛け捨て保険に比べて高くなりますが、満期を迎えた時に満期保険金が受け取れる他、解約時には解約返戻金が受け取れるというメリットがあります。貯蓄と保障、どちらも兼ね備えた保険ということになります。掛け捨て保険は満期を迎えたり解約をしたとしても、一度支払った保険料は戻ってくることがありません。そういう意味では将来お金が確実に戻ってくる保険ということを考えればお得なイメージもあると思います。 貯蓄保険とはいうものの、低金利の日本国内の保険であればそれほど多くのリターンが期待できる訳ではありませんので、貯蓄性が高いとは言いきれません。しかし、毎月自動的に積立ができることを考えると貯蓄が苦手な方向きとも言えます。

万一のことがあったときのために生命保険に加入するといった人はたくさんいます。生命保険では、今まで定期保険や養老保険といった保険に加入する人が多かったのですが、日本では、平均寿命が高くなってきたことから、老後においてこれらの保険が終了してしまうといった人が多くなってきたとされています。 そのようなことから、この問題を解決するために、いま定期保険や養老保険を補うような保険が求められるようになってきたとされています。 終身保険は、契約期間に終わりのない保険として販売されるようになった保険で、この保険では、老後において保障が心配な人にとって安心の保険として注目されるようになっています。 終身保険では、契約者がいずれ寿命を迎えて死亡するということを前提とした保険であるため、保険料については、保険金を積み立てるような保険であることを特徴としています。そのため、この保険では定期保険よりも保険料が高くなりますが、貯蓄性のある保険として人気となっているようです。 また、保険料の支払いでは、終身払い、払込期間を決めた有期払、一時払とありますが、これらは生存によって支払い総額が異なるようです。 たとえば、加入後すぐに死亡した場合、一時払や終身払で支払い総額が少なくなります。 資産運用サービスは実績で選ぶ

Wordpress + Remedy